ぴあ誌休刊の年にスタートした新興チケッティングサービスまとめ、のその後を調べてみた

当時やっていたブログに載せようと書いたままEvernoteの肥やしになっていた記事を発見。一時、雨後の筍のように増えたチケット販売サービスの、その後をウォッチしてみましょう。すでに亡くなったサービスもいくつか・・。

 

http://www.flickr.com/photos/87373143@N00/1676863227

photo by Hryck.

まずは当時(2011年暮れ)書いていた原稿を載せます。

2011年7月、情報誌「ぴあ」が39年の歴史に幕を下ろしました。かくいうわたしも、劇場通いのきっかけのひとつが、紛れもないぴあ誌だったものです。しかし時代の流れには逆らえず、さよならぴあ。

さて、そんなぽっかりと空いた穴を埋めるのか埋めないのか、新しいチケッティング&イベント情報サービスが次々と誕生した2011年でした。ぴあ誌が消えた年に、なんとも象徴的です。

・Doorkeeper(ドアキーパー) 【2010.7~】
2010年夏オープンと他より一歩早い。運営は東京の会社ですがメンバーは皆外国の方です。最近、運営サービスの請求書.jpを売却し当サービスに集中する模様。

・Zusaar (ズサー)【2011.4~】
ネーミングが面白いです。ズサーc⌒っ゚Д゚)っ

・PeaTiX (ピーティックス)【2011.5~】
運営元のメンバーの経歴見てびびります。アップル、アマゾン、ディズニー、ソニーといった企業を渡り歩いた方々。すでに海外展開も積極的。

・everevo(イベレボ)【2011.6~】
「祭りを僕たちの手に!」というアジテーションが熱い。

・Wazoo (ワズー)【2011.6~】
サイトがポップ。こちらも東京の会社ですがファウンダーが外国の方。

・Eventnor (イベントノア)【2011.7~】
名古屋は大須のスタートアップ。misocaというとってもイケてるサービスも運営しています。

・EventRegist(イベントレジスト)【2011.11〜】
紅い。東京のスタートアップ。

・eventATND(イベントアテンド)【2011.12〜】
来るぞ来るぞと思っていたらついに。ATNDに決済機能がついた版。リクルートの運営です。

・T-TICKET(ティーチケット)【2011.12〜】
TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブがチケッティング事業に参入。シナジー全開すぎて、ぴあやイープラスも戦々恐々ではないかと。でも意外と質素なスタートですね。

この混み合いぶり、ひとつには「ATNDに決済機能付いたら便利じゃね?」という流れと、もうひとつは「海外でのeventbriteやamiandoを筆頭とするチケッティングベンチャーの台頭」という流れが合わさってのものでしょう。

新サービスたちの概ね共通するポイントとしては【ソーシャル連携】と【紙チケットレス】。IT関係の勉強会やセミナーではかなり浸透していますが、他のジャンルでももっと使われるとよいと思います。

 

ではでは各サービスのその後をチェック!

Doorkeeper(ドアキーパー) 【2010.7~運営中!】

下記のEventnorを吸収合併してサービス継続中です。IT系の勉強会、セミナーを中心に多く使われているようです。機能追加も頻繁に行われており、賑わっていますね。

 

Zusaar (ズサー)【2011.4~運営中!】

2012年以降は新規機能追加などはないようですが、IT系の勉強会、セミナーでは現在も多く使われているようです。

 

PeaTiX (ピーティックス)【2011.5~運営中!】

2011年末に本社機能を米国に移し、2012年には$100万ドルの資金調達を実施するなど積極的。決済手数料の安さでも先頭を走っています。使われているジャンルも多彩で、現状では最もメジャーではないでしょうか。

 

everevo(イベレボ)【2011.6~運営中!】

おや、イベント運営に関わるSNS機能に特化したようです。イベント管理(チケッティングなど)は「EventCreate」(2014年4月~)という別サービスが新たに立ち上がってますね。BtoBメインで、主に企業セミナーなどのニーズに特化しているようです。

 

Wazoo (ワズー)【2011.6~閑古鳥】

最後の機能追加は2012年11月、新規のイベント登録も2013年2月で止まっていますね。事実上の閉店ガラガラ。

 

Eventnor (イベントノア)【2011.7~2012.11サービス移管】

2012年11月に上記のDoorkeeperに吸収される形でサービス運営を停止しているようです。会社としては請求書管理の有名サービスであるmisocaの運営に注力した形です。

 

EventRegist(イベントレジスト)【2011.11〜運営中!】

おぉ盛り上がってる感。新着のお知らせ欄も活発ですし、新規イベントも登録されているようです。2014年7月にはシンガポールに小会社を設立。前は気付きませんでしたが、役員陣にはヤフー、グーグル、マイクロソフトなどを経た面々が揃っています。さすがですね。

 

eventATND(イベントアテンド)【2011.12〜2014.3終了】

2014年3月にサービス提供を終了しています。リクルートのラボ発のサービスだったと思いますが、あまり注力しなかったのかな。ちなみに決済機能などのついていないATNDはまだあります。

 

T-TICKET(ティーチケット)【2011.12〜消滅】

いつのまにやら消滅して、ドメインもアフィリエイターにとられていますね・・・。最強かと思いましたが、まぁ事情は色々あるんでしょうが、CCCとしてはそんなに本気にならなかったという事でしょうか。と思っていたら、Tカードを入場チケットとして使える新サービス「Tチケット」が開始されるそうです。まだ諦めていない!

CCC、Tカードを入場チケットとして使える新サービス「Tチケット」 -INTERNET Watch

 


以上、ぴあ誌休刊の年にスタートした新興チケッティングサービスまとめ、のその後を調べてみた、でした。その後も、tixee(ティクシー)など新たなサービスも出てきているみたいなので、また調べて書きたいと思います。

広告を非表示にする