読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年のボージョレ・ヌーボー解禁が盛り下がっているらしいので、10年に1度のキャッチコピーご提案

グルメのこと

トピック「ボージョレ・ヌーボー」について。今年のボージョレ・ヌーボーの解禁日を明日に控えて、


らしいですよ。これはいけない。少しでも盛り上げるために恒例のキャッチコピーも、いつもよりさらに盛って攻めなければ。

ボージョレ・ヌーボーのキャッチコピーをおさらい

これらのキャッチコピーはフランスのボージョレーワイン委員会が毎年発表しているもの(をベースに日本側がよい塩梅に意訳しているもの)だそう。

1995年:ここ数年で一番出来が良い
1996年:10年に1度の逸品
1997年:1976年以来の品質
1998年:10年に1度の当たり年
1999年:品質は昨年より良い
2000年:出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年:ここ10年で最高
2002年:過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
2003年:100年に1度の出来
2004年:香りが強く中々の出来栄え
2005年:ここ数年で最高
2006年:昨年同様良い出来栄え
2007年:柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年:豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
2009年:50年に1度の出来
2010年:1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来
2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年:史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全
2013年:繊細でしっかりとした骨格。みずみずしさが感じられる素晴らしい品質

引用元:はてなキーワード

90年代は「10年に1度」が頻発していますが、さすがに近年は、きちんと味や品質を説明しているみたいです。

2014年度 ボージョレ・ヌーボーキャッチコピーのご提案

http://www.flickr.com/photos/59019203@N03/8538709738

photo by Uncalno

今年のボージョレ・ヌーヴォーを盛り上げるべく、キャッチコピーを考えてみました。

 

100年に一度の出来

 

100年に二度目の出来

 

11年ぶり二度目の100年に一度の出来

 

ありえないほど、濃い

 

全米が泣いた!今年一番の感動作

 

おちこんだりもしたけれど、今年は上々です

 

予測不能 全てがクライマックス!

 

残念ながら、ボージョレ・ヌーボーは初めての方にはお売りすることが出来ません

 

すべては、お客さまの「セ・ボン」のために

 

 うーん、なかなか難しいですね。今年のキャッチコピーが楽しみです。

広告を非表示にする